参考書

 『はじめからわかる理科総合A』(学研)好評発売中

読者の感想はこちら

ログイン

ログインはこちら

相互リンク




おすすめリンク


新着ニュース

  • 2013年度の理科総合ネット予備校がスタートしました。

理科総合でセンター試験を突破!

 

こんにちは。理科総合ネット予備校 代表の田原です。

当サイトを、ご訪問いただき、ありがとうございます。

理科総合ネット予備校のHPをごらんいただいているあなたは、きっと、次のような方だと思います。

  • センター試験で、理科総合A/Bを選択しようと思っている。
  • 化学Iや生物Iが苦手なので、理科総合A/Bに興味を持っている。
  • 教育学部志望で、数UBの代わりに、理科総合A/Bを使おうと思っている。
  • 学習塾に理科総合を導入しようと検討している。
  • 高校の受験対策で、理科総合の情報を求めている。

このサイトには、上記の皆さんの目的をかなえるコンテンツがあります。

 

はじめに、皆さんにお伝えしておきたいことがあります。

理科総合A/Bの選択を迷われている方の多くは、

  • 「理科総合A/Bは、学習法が確立していない。
  • 教材が少なく、勉強しにくい。

などの理由で、敬遠される場合が多いようです。

しかし、それは、間違いです。

理科総合A/Bは、導入後、すでにセンター試験を5回行っていますので、出題傾向もはっきりしてきています。

参考書や問題集も、自著『はじめからわかる理科総合A』をはじめ、質・量ともにセンター対策を行うのに十分なものがそろってきました。

また、それらの教材を使って、どのように勉強すればよいかも、試行錯誤の中から、形が見えてきました。

つまり、

理科総合A/Bの学習法は、じつは、すでに確立していますし、

高得点を狙うことも十分可能なのです。

みなさんが、理科総合A/Bを選択するかどうかは、みなさんの自由ですが、間違った情報を元に試験科目を選択するのはどうでしょうか?

理科総合A/Bの実態を知り、自分にとって何が最もよい選択なのかを検討したうえで、一番よい選択をすればよいと思います。

検討した結果、理科総合A/Bを選択するメリットがないと判断すれば、選択しなければよいのです。

理科総合A/Bの実態を知るために、どれだけの時間必要でしょうか?

まずは、情報を収集してください。

 

●予備校講師、田原真人の理科総合A/Bの講義(60分×2)を無料でダウンロードできます。

 →無料講義のダウンロードはこちら

 


↑このページの一番上

特定商取引に基づく表示